カテゴリ:乗り物のこと( 12 )

 

東北二日目、エビスサーキットで走ります

昨日は山登りの疲れと美味しい夕食に地酒で大満足だったのでベッドに入るなり即寝
んでもって早朝5時から入れる源泉かけ流しの露天風呂で朝日を拝みました。

朝食はこれでもかというほどの種類が用意されたバイキング、最後まで満足の行くお宿なのでした。

さて、本日の走行会、昨日の疲れきった体がどこまで持ちますやら
8時には皆さんサーキットで走行前のミーティングをやっているはず、早々に宿を出発

コースには既にこんな形で大型トラックが到着
e0140491_14504686.jpg

つぎつぎに降ろされて行きます
e0140491_14523921.jpg


んでもってこれが私、本日の最年長、俺より少しだけ早い奴らはまあ勘弁してやっかなどと悔し紛れな事をつぶやいてます
e0140491_14542928.jpg


後ろが私
e0140491_14571362.jpg
写真は私の長男、昨年も一緒に走りましたがこうして親子でサーキット走行できるなんて夢のようです、昨年は全く手玉に取れたのですが今年は逆転したようです、後ろにちょろっと見えるのが私のバイクの鼻先
e0140491_1594374.jpg


最後はまたまたバイクを大型トラックに任せて帰宅の途に・・・体に鞭打つ二日でした、何とか眠気を吹き飛ばしつつ無事ワンコと帰宅です。
e0140491_15122228.jpg

[PR]

by sancho-panza | 2011-10-30 15:15 | 乗り物のこと  

Araiヘルメット講習

昨日休みでしたがスタッフ一同でアライヘルメットの講習会に参加してきました、この講習を終了しないことにはあのカーボンヘルメットの取り扱い店になれないのです!

講習の殆どが工場見学と製品テストの見学、そして座学とヘルメットの取り扱い方法の学習です。

出かける前は「講習なんてめんどうくさい・・・でも工場は見ておきたい」なんて気持ちで出かけたのは間違いございません・・「あ~あ、折角の休みがふいじゃん」なんてね。

しかしです、しかし
講習が始まってから終了するまで終始感動することばかりなのでした。
今ではこんな素晴らしい講習を受けさせてもらって本当にありがとうございました!なのです。

冒頭、アライヘルメットの社長さんのご挨拶があったのですがそのメッセージに感動です。
何が、どういう風に感動なのか色々書きたいのですがやってると一晩かかりそうなので止めますがやはりアライヘルメットは世界ナンバーワンのヘルメットメーカーでした。
自分がアライヘルメットユーザーで良かったと心底思えた一日です。

工場の写真は何処も撮影禁止なのですが唯一試験設備での写真は許されていました。
これはノーヘルメットの状態の人頭模型を高さ30cmから落としたときにどうなるのかのデモです
e0140491_21112987.jpg

単位は忘れちゃいましたが300と言う数字で死亡です、たかだかこの30cmからの落下であえなく天国なのでした。

そしてこちらがヘルメット装着状態での落下です
高さはたしか3mと何センチかでした、高いですよ
e0140491_21143291.jpg

落ちる場所は先ほどとちがいもっとつらい丸い突起の上です
e0140491_21145171.jpg

こちらが衝撃の跡
e0140491_21151670.jpg


この他色々なテストも見せていただきました、過酷なのがF1ドライバーが被れる世界で最も厳しい規格のFIAという企画テストをアライの市販ヘルメットで何処まで耐えられるか、というテストです。
先ほどよりもより高い場所から落として実験してくれました。
結果は、なんと!合格なのです。
(勿論アライヘルメットではカーボンの帽体で作ったF1ドライバー用のヘルメットも供給しています、なのでさらに安全性の高いヘルメットも作っているのです)

市販の製品でこれだけの品質のヘルメットを供給するには金儲けでない確たる信念がなければなしえない事だと思いました、そしてアライの会社で働くスタッフは一人一人がそのハートを持って仕事しているというのが伝わるのです。
何しろ殆どがハンドメイドで作られているのです、1つのヘルメットが完成するまでには約1ヶ月を要しているそうですよ。
RR5という高級ヘルメットがおおよそ5万円なのですが、作る工程を見学すればこれがいかに安い価格なのかがわかります。

最後にヘルメットのスクリーンの調整方法やめがねをかける人用にカスタムする方法など色々伝授していただき、一日という長丁場の講習は本当に有意義な一日として終了したのです。

ということでライダースクラブのスタッフはAraiヘルメットに関してはプロの取り扱い認定を受けてきました、今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by sancho-panza | 2010-08-06 21:37 | 乗り物のこと  

通勤愛車にちょっといたずら

快適通勤をもたらしてくれるKawasakiのスーパーシェルパ、燃費も良いし細身ですいすい走ってくれます、前後のサスペンションも動きが良くてわかりやすい、時々お店のオフロードツーリングにもこいつで参加。

以前から気になっていたもっさりしたフロントフェンダーをKLX250の物に変更してみた、取り付け穴も全く問題なくちょっぴり精悍に変身
e0140491_1045090.jpg


更に快速エンジンを期待してこちらもやってみた
e0140491_10454410.jpg
少し振動が増えたがもりもりトルクが生まれたので納得!でもハイオク仕様になったのはちょっと痛いなぁ

今日はお店の虫干し?
では無く床とガラスの清掃に業者が入るので朝からバイクの移動です・・・腹が減るなぁ
e0140491_1048149.jpg
e0140491_10483372.jpg
e0140491_10485614.jpg

これを全部元に戻すなんて気が遠くなる
[PR]

by sancho-panza | 2010-06-10 10:51 | 乗り物のこと  

新店舗落成

普段ワンコネタばかりなのですが仕事つながりでバイク乗りの方も結構このブログをご覧いただいていて居る様子です。

久々のブログ更新は、カワサキオートバイファン待望の大型専門ショップ誕生のお知らせです。
昨日業界関係の方々をお招きして無事内覧会が終了しました!
女性ファンに絶大な人気の元motoGPライダーの中野真矢さんも駆けつけてくれてご挨拶までいただきました。

夜には日頃ツーリングに参加していただいているお客さまにも集まっていただき何だかクリスマスパーティーのようでした。

当日は千葉TVさんも取材にきました、来週9日(火曜)22:30からの週間バイクTVの中で放送されるそうですよ
e0140491_11111797.jpg

[PR]

by sancho-panza | 2010-03-04 11:11 | 乗り物のこと  

半ばお仕事ツーリング?草津

タイトルのように草津から白根山、万座ハイウエーとバイクで走ってきました、景色は紅葉にはまだまだです、でもさすがに高原の空気はすがすがしかったですよ!
久々に嗅ぐ好きな硫黄のにおい(人により嫌いな)にもひたりました。

おなじみ湯畑
e0140491_1171054.jpg

湯畑に有る無料温泉、予定してなかったので近くのコンビニでタオルを買い求め堪能しました
湯船はかなり熱くそれでもちょい熱めとかなり熱めの二つが有って両方チャレンジ、富山から毎週来るというおじいちゃんから入り方を色々教わりました(といっても此処に入るのは3回目)
e0140491_1175259.jpg

走りながら後方を写すとこんな感じ(白根山を登ってます)
e0140491_1194889.jpg

渋川から榛名山に向かい水沢うどんを食べたり、浅間牧場では濃厚なソフトクリームを食べたり、軽井沢で手打ち蕎麦を食べたりと充実すぎる一日でした!
[PR]

by sancho-panza | 2009-09-14 11:17 | 乗り物のこと  

バイクツーリングで本栖湖キャンプ

7月25日~26日はカワサキオートバイ主催の本栖湖キャンプに初参加しました!
以前は毎年同じ時期に本栖湖の洪庵キャンプ場でお店独自に行っていましたが昨今はどうもテントでするキャンプに人気が無くてここ2~3年は行っていなかったのです。

と言うわけでこんな形でバイクツーリング、初日は談合坂から5分ほど豪雨の中を走行しましたが全体的には我慢できる雨模様です
e0140491_15283734.jpg


現地到着です、林間は綺麗に整備されていましたがトイレはちょっと・・・近くの公立トイレに行くのが正解でしたね
e0140491_15293679.jpg


キャンプ恒例オリジナルローストビーフの完成です、現在肉を冷まして肉汁が漏れ出さないようにしています
e0140491_1531957.jpg


いやーぁ 美味しそうでしょ!でもちょっとワイルドすぎてますね、ちゃんとしたテーブルでクレソンなどあしらえばすましたディナーになるのでしょうけど・・まあキャンプですから・・誰だよ!つまんでいるのは
e0140491_15322059.jpg


翌日は快晴、かなり暑い中山中湖へ向かう途中の道路わきで馬と遭遇
e0140491_15341030.jpg


実はこの日の早朝にキャンプを抜け出しRinちゃんパピーのJet君とRinは本栖湖で泳ぎました、人も少なく桟橋も有ったりしてなかなか楽しいロケーションでした。
[PR]

by sancho-panza | 2009-07-31 15:44 | 乗り物のこと  

実はひき逃げに合い・・

以前は印旛沼に続くサイクリングロードに近い生活圏でしたので腰痛対策も兼ねて自転車で走っていました。
今は田舎なので逆に道が狭く側道が無い!自転車と車の距離が狭まりました、ですので暫く断念していたのですがパソコン仕事で動きが少なく腰痛が酷くなったので一念発起、交通量の少ない道を探すべく出かけました。
1時間ほど走り一宮を目指していたのですがなんと青信号の交差点でいきなり右折れの車に接触され転倒、挙句に投げ出された自転車は後続のくるまに轢かれ後輪が「ぐちゃ」っと、直ぐに起き上がって接触した車を見ますと約100m先を遠ざかって行きます、自転車を踏んだ車もそのまま立ち去って行くではありませんか!

体は擦り傷と打撲で済んだものの運転手の非情さに腹が立つやらむなしさが残るやらとなりました。

膝の傷も癒えたので暫くぶりにRinちゃんと朝の歩行を再開したのですがこちらもまたRinちゃんの抵抗に合いとうとう一人で歩くことになりました。
散歩を嫌がるワンコもいるらしいのですがちょっと体の不調が有るのかと?心配の種ができてしまいました。

こちら国産のにんにくが高いというので家人が栽培してみました
e0140491_12423752.jpg


こちら植え替え2年目の「フェイジョア」昨年は花も少し咲いたのですが一つも実にならずでしたので今年が楽しみです
e0140491_12483614.jpg

[PR]

by sancho-panza | 2009-06-02 12:50 | 乗り物のこと  

久しぶりの筑波サーキット

カワサキオートバイ主催の09年新型モデルの試乗会が20日筑波で有ったので出かけました。

今回は先導付きなので服装は自由
e0140491_13264018.jpg
ズボンは一見ジーンズ風なのですが実は革でしかも防水で内側から水蒸気は通すので蒸れないという優れもの。

当日は無風状態だったのですが外気温8度、先導付きといってもかなりのスピードを出しますので体感温度はマイナスかな?
ケータリングはしっかりしていて暖かな食べ物とスープが用意されていて主催者側の心使いが伝わりました!
e0140491_13391437.jpg

ピラフとデミグラスソース系の料理が美味しかった、あ!スープはオニオンでした。

こんなふうにしてコースインしてゆきます。
e0140491_13361874.jpg

e0140491_13381219.jpg


流石に新型は良かったです!
試乗車を用意するので暫く自分用にしちゃおうかなぁ~
[PR]

by sancho-panza | 2009-01-21 13:43 | 乗り物のこと  

今年最後のツーリングに行って来ました

11月16日お客さんと一緒に千葉県内へ今年最後のツーリング。
生憎の雨で10名程の参加となりました、スタッフは私一人という事でちょっぴり幸いな事。

茂原から鴨川へ行き来する道中にある「腰古井酒造」は特徴的なレンガの煙突や古そうで大きな酒蔵が見えて以前から見学してみたいと思っていたのですが中々寄る事が出来なかったのです。
今回お客さんと一緒という事とお客さんの中に昔ちょくちょく寄ったという方もいらっしゃいましたから思い切って訪ねてみました。
e0140491_15401649.jpg

事務所で社長さん?と思われる男性に声をかけると気さくな方で酒の元になる酒水を全員にご馳走?してくれました。
水はなんと創業の方が山を深く掘り進んだトンネルの岩肌から染み出した水が原水ということで今まで枯れたことは無いそうです。
味はとてもまろやかで後味は何となく甘い雰囲気なのできっとミネラルが豊富なのかもしれません。
酒造りの裏話など沢山聞かせてくれました、その話の一つですが、酒米は普通私たちが食べる米とは違うのだそうです、食用米で酒は作れるそうですが美味しく無いとのことでした。

そして酒蔵で自家精米をする所はいまでは殆ど無くなってしまい、多くは精米した米を買ってきて作っているそうです、勿論腰古井は石臼の自家精米でした。
*ここでも事故米の話題が出ました、そのせいで今ではぬかまで引っ張りだこなんですと

お土産に・・と言っても自分用に辛口の吟醸4合を1本購入です、帰ってから常温で飲んでみますと、社長に言われたように辛口といってもガツンとくる味ではなく「女酒」と言われるようにとてもまろやかなさっぱりとした辛口の酒でゆっくり飲んだつもりがあっという間に残り1合です、これなら自分のメイン酒として居座りそう。
e0140491_166211.jpg

そうそう、12月に入るとどぶろくの仕込みに入り、店先で計り売りしてくれるそうですよ!

鴨川では行く度に寄る「船よし」でシーズンはじめの金目鯛を食べました、相変わらず美味しい調理に同行したツーリング仲間の賞賛でちょっぴり嬉しい思いです。
e0140491_16321472.jpg

数少ない私の経験ではここの金目の煮付けほど美味しい所は他に無い!と思います。
店主曰く「うちの煮汁はそれこそ何千匹の金目の出汁が入っている」とのことです。

帰り道は清澄山系の細いワインディングをゆっくりと沢や紅葉を楽しみながら北上しました。

途中、千葉県人で知らない人が多い割りに有名な「三石山」の「観音寺」に立ち寄りました。
此処は有名人なら「高橋 由伸、高橋尚子、MX国際A級小池田」などの名前が見つかります。
山にめり込んだお堂?・・(日本珍百景に出せるかも?)
e0140491_16163321.jpg
e0140491_161757.jpg
e0140491_16173447.jpg

山門を振り返ってみれば我が家の宗派なのでした・・おまえは知らずに参詣したのかよ?
[PR]

by sancho-panza | 2008-11-17 16:26 | 乗り物のこと  

19日は小江戸佐原市へ観光ツーリングでした

曇りという天気予報でしたが朝から綺麗に晴れて、愛車ZX-6Rで51号線をのんびり北上です。
佐原という街へはこの歳になるまで行った事も無くなんとなく水郷とおねえさんが操る船のイメージだけ。

e0140491_14314481.jpg

伊能忠孝記念館の無料駐車場にバイクを入れて歴史好きの私は早速記念館へ、受付の綺麗なおねえさんに入館料500円を支払いました。外観より展示場は小さめなので殆どは資料を保管する場所に成っているようです。しかし展示内容は忠孝の偉業をしっかりと伝えてくれています。自分とほぼ同年代から学問を修めてさらに日本全国を測量しながら18年も歩き回ったなんて信じられないですよね、しかも昼間に測量した位置確認のために夜は星の観測までやってそうして資料編纂するのですから睡眠時間以外は全て地図づくりに使っていたのかも?

町並みは江戸というより明治初期の建物が沢山残っているようです、古い町並みは道路が狭くそれなりに雰囲気がただよって町の人たちはすごく親切で、観光のお客さんが大勢散策していました。
ただ道路は車の進入も有って時々散策の人たちをけちらすように走ってゆく車が有り唯一不快な部分でした。
町を流れる小野川には観光船が有りましたが船外機で走っているのがちょっとねぇ・・・因みに女性船頭さんは皆昔の娘さんでしたね。

e0140491_14265241.jpg

今回一番楽しみにして持って帰ったお土産はごま油です
[PR]

by sancho-panza | 2008-10-21 14:32 | 乗り物のこと