<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

いよいよ「ぼさ」ともお別れか!

引っ越して早1年
この1年は住み易さの追求と見てくれ、そして趣味に明け暮れました。
その中で植木の手入れで出た「ぼさ」は庭のど真ん中に忘れ去られたように存在していてこの夏などは良い具合のかぼちゃの床と化していました。

私も色々頑張ったのですよ!
休日を利用して電動鋸や鉈を駆使して少しずつ薪にしようとやったのですけど・・・ちっともはかどらず、夏草の茂る頃にはとっくに諦めていて腐食にまかせるようになっていました。

しかし、更に植木をさっぱりするべく枝を切りまくったお陰でまたまた高い山に変身、どうにも朽ち果ててくれない雰囲気です。(以前のブログでボサをご紹介してますよね!)
毎年このように廃棄有機物が出るとなるとなんとかせねば成りません、近頃は家人の作った大豆殻が倉庫脇にうずたかく積もり始めて菜園からも沢山ごみが出てきます。

そこで以前から無性に欲しかったものが「粉砕機」なのです。
ネットで調べまくり電動の手軽なものからエンジン式で廉価な輸入物、色々な粉砕方法の国内メーカーを見つけました。

必要なのは太さ3~4cmの樹木枝を処理できる事、耐久性がある事、安い事と決めネットオークションや中古農業機械など物色したものの、どうしても要求にこたえてくれる物が見つかりません。

悩んだ挙句、今後長く使う事になる、自宅だけでなく管理せねばならぬ実家が有ると自分に言い聞かせカルイと言うメーカーの粉砕機を購入する事に決めました。

購入方法はネット上の農機具取扱店に片端からメールで価格問い合わせをして一番安い所と交渉する方法です。
購入予定の粉砕機は頑強でアフターの心配が殆ど無く、エンジン関係なら自分で対処出来ると考えたからです。

そしてやってきたのがこれ
e0140491_122353.jpg
 KMN-1
●価格 \262,500 (勿論安くしてもらったのですが農機はそれほど安くなりませんね)
●エンジン出力 4ps
●粉砕径(最大) 40mm 
●質量 55kg
◎手押移動車輪式


フリーハンマー方式で粉砕しますからカットの為の刃はついていませんので刃の交換など無し、メーカーの説明でも殆どハンマーの手入れは要らないとしています。
他の同じ能力の粉砕機の重さはこれよりはるかに重いので移動などの事を考えるとベストチョイスと思いました。

そして素早い手配のお陰で休日の午後到着しました。
早速家人とボサの脇に持ち込み試運転です、あまりにも効率がよくどんどん投げ込むと機械の下からチップと化した枝がでてきます、小雨の中すぐに辺りは暗く成ったのですが効率の良さが楽しさになりなかなか終わる事が出来なくなりました。

次回の稼動でほぼボサの解消に成ると思われます。
千葉県の袖ヶ浦市などはこのような粉砕機を市が貸し出してゴミを少なくする取り組みなどしているのですけどねぇ・・・
[PR]

by sancho-panza | 2008-11-29 13:59 | 日々のこと  

ディズニーのバスに出会いました

先日通勤途上で何だかおしゃれな格好のバスがみえたので急いでカメラをだしました、よく見ると浦安辺りを走っているランドのミッキーをイメージしたバスなのでした、何処かの団体さんの送迎で出張ってきたのですかね?
e0140491_11141392.jpg


我が家の薔薇はそろそろお終いです、田舎に引っ越して1年、田舎のせいなのか?わかりませんが今年は虫と病気にやられまくりでした、今でもうどんこ病と黒点病、アブラムシ、コガネムシで嫌になります。
来年は春先から定期的に消毒することに決めました。

e0140491_11185862.jpg

牡丹のような花が咲くアウグスタルイーゼ、黒点病にやられています

e0140491_1120108.jpg

私のお気に入り、トーナメントオブローゼス、こちらもしばし見納めか

e0140491_1121775.jpg

ことしシーズン中に思い切って短く短く切り詰めたミニ薔薇、良く咲いてくれています

e0140491_1123419.jpg

最後にこれ、おばあちゃんの知恵袋を見て、捨てないで何かと利用するということで蜜柑の皮を干して入浴剤にする試みです。
今年も柚が大量に実っていますのでこちらも皮をはいでお風呂に使ってみようと考えています。
[PR]

by sancho-panza | 2008-11-19 11:28 | 日々のこと  

今年最後のツーリングに行って来ました

11月16日お客さんと一緒に千葉県内へ今年最後のツーリング。
生憎の雨で10名程の参加となりました、スタッフは私一人という事でちょっぴり幸いな事。

茂原から鴨川へ行き来する道中にある「腰古井酒造」は特徴的なレンガの煙突や古そうで大きな酒蔵が見えて以前から見学してみたいと思っていたのですが中々寄る事が出来なかったのです。
今回お客さんと一緒という事とお客さんの中に昔ちょくちょく寄ったという方もいらっしゃいましたから思い切って訪ねてみました。
e0140491_15401649.jpg

事務所で社長さん?と思われる男性に声をかけると気さくな方で酒の元になる酒水を全員にご馳走?してくれました。
水はなんと創業の方が山を深く掘り進んだトンネルの岩肌から染み出した水が原水ということで今まで枯れたことは無いそうです。
味はとてもまろやかで後味は何となく甘い雰囲気なのできっとミネラルが豊富なのかもしれません。
酒造りの裏話など沢山聞かせてくれました、その話の一つですが、酒米は普通私たちが食べる米とは違うのだそうです、食用米で酒は作れるそうですが美味しく無いとのことでした。

そして酒蔵で自家精米をする所はいまでは殆ど無くなってしまい、多くは精米した米を買ってきて作っているそうです、勿論腰古井は石臼の自家精米でした。
*ここでも事故米の話題が出ました、そのせいで今ではぬかまで引っ張りだこなんですと

お土産に・・と言っても自分用に辛口の吟醸4合を1本購入です、帰ってから常温で飲んでみますと、社長に言われたように辛口といってもガツンとくる味ではなく「女酒」と言われるようにとてもまろやかなさっぱりとした辛口の酒でゆっくり飲んだつもりがあっという間に残り1合です、これなら自分のメイン酒として居座りそう。
e0140491_166211.jpg

そうそう、12月に入るとどぶろくの仕込みに入り、店先で計り売りしてくれるそうですよ!

鴨川では行く度に寄る「船よし」でシーズンはじめの金目鯛を食べました、相変わらず美味しい調理に同行したツーリング仲間の賞賛でちょっぴり嬉しい思いです。
e0140491_16321472.jpg

数少ない私の経験ではここの金目の煮付けほど美味しい所は他に無い!と思います。
店主曰く「うちの煮汁はそれこそ何千匹の金目の出汁が入っている」とのことです。

帰り道は清澄山系の細いワインディングをゆっくりと沢や紅葉を楽しみながら北上しました。

途中、千葉県人で知らない人が多い割りに有名な「三石山」の「観音寺」に立ち寄りました。
此処は有名人なら「高橋 由伸、高橋尚子、MX国際A級小池田」などの名前が見つかります。
山にめり込んだお堂?・・(日本珍百景に出せるかも?)
e0140491_16163321.jpg
e0140491_161757.jpg
e0140491_16173447.jpg

山門を振り返ってみれば我が家の宗派なのでした・・おまえは知らずに参詣したのかよ?
[PR]

by sancho-panza | 2008-11-17 16:26 | 乗り物のこと  

立冬

この頃寒い日が訪れるようになり、家人も風邪気味です。

火鉢の季節がやってくるので長い間しまわれていたのを引き出しました。
e0140491_13415780.jpg


早速椚炭に火をいれると昔懐かしい炭火の匂いにうっとりです。
これで熱燗とおつまみでちょっと一杯ってのがいいんですよね!

隣では家人作製のワンコベッドでGenaがのうのうと寝そべっています。
e0140491_13453262.jpg

かなりのボケ写真です

この日定期健診を受けました、触診も丁寧にやっていただき血液検査の結果でも問題なし!
まる5ヶ月でとりあえず転移の兆候が無いことが嬉しいですね。
[PR]

by sancho-panza | 2008-11-07 13:49 | 日々のこと  

植木の手入れ

植木屋さんの宿題で槇の枯れ枝を抜く作業を休みの度にこなしました、何でもずうっと手を入れていないと枯れ枝が沢山の枝の間に残って行くので風通しなどの点で植木には良くない状況になるらしい。
少しでも植木屋さんの手間を省くなら自分で出来るところは自分でするのが良いとのこと。

e0140491_1327095.jpg

どうです、何だか本当に本職のようでしょ、地下足袋履いていますし、梯子は植木屋さんに買ってもらいました。

植木はぼさぼさでしょ
これは後日本職さんが刈り込んで形を整えてくれる予定です。

向こうに見える枯れ枝のぼさは既に2年目となり下を掘り返すとおおきなイモムシがいたりして明らかにカブトムシの幼虫と思われます。
この場所に最近さくらんぼの苗木を二本植えました(一本ですと結実しないのだそうです)

倉庫脇の空き地にはイチジクの苗を植えました、はたして何時食べれるようになるのやら・・・
[PR]

by sancho-panza | 2008-11-07 13:35 | 日々のこと